2005年 サマーキャンプ
 
2005年8月11日(木)〜15日(月)
 
みんなで飲んだ生ビール:30L

サッポロ生ビール   10リッター   :3本


参加メンバー:ヨッシー、アルファード、アンチャン、ランカスター、チナさん、チナさん夫人 計6名 (敬称略)

 今年のサマーキャンプは昨年涼しくて好評だった群馬県の榛名湖オートキャンプ場とはやり群馬県の沼田から少し行った吹き割の滝の近くの皇海山キャンプの森(すかいさん)の2カ所です。5月に続きチナさんご夫婦が参加されて楽しいキャンプでしたが、キャンプの前日まで雨も降らない天気でしたが、キャンプの日になって雨が続き、後半の天気はまずまずでしたが、夕立やキャンプ場が森の中でしたので湿気がすごく、標高も800mでしたが結局涼しくはなく最後まで、からっとしないキャンプでした。
  今回は簡単に立てられるタープの登場で、初めて立てたのでしたが、初日から大雨で耐水性がいまいちで次回までは対策をすることになりました。でも1分もかからないで立てられるのが魅力でした。


8月11日

画像をクリックすると大きな画像が見られます。 (W)はランカスター氏撮影、 (C)はチナ氏撮影、 (V)はビデオクリップ

場所:榛名湖オートキャンプ場
住所:群馬県群馬郡榛名町榛名山沼ノ原 (標高約1200m)

群馬県榛名町にあるスーパーで待ち合わせ後、買い出しをしてキャンプ場へ
夕食はチナさんお勧めのマグロのカルパッチョを作った。
サイト風景(この後、結構土砂降りの夕立)
チナさん夫婦 (V)
アルファード氏とランカスター氏 (V)
団らん風景 (C)
マグロのカルパッチョ、ゴーヤチャンプルー、焼き鳥、フランク焼き (C)
8月12日
深夜からの雨が続きほとんど雨の日でした。買い出しを兼ねて伊香保にある竹久夢二記念館とオルゴール館を見てきました。
伊香保に降りたら雨が止んでいましたが、キャンプサイトに戻ると半端じゃない土砂降りの雨でした。
朝から雨です
雨の中で

ひさしぶりに見たアゲハチョウ。結構たくさんいた

竹久夢二記念館入り口(V)
竹久夢二記念館 (V)
オルゴール館の前で
焼き鳥の串刺し中のランカスター氏、ラジオの修理中のヨッシー (C)
土砂降りの中の焼き鳥チナさん (V)
雨の中で焼き鳥 (C)
焼き鳥、カツオのカルパッチョ、白菜のお新香 (C)
昨日のマグロに続きカツオのカルパッチョ (W)
8月13日

撤収を始めてしばらくしたら雨が降り出し、結局濡れたまま積み込みをし、皇海山キャンプの森へ移動。
途中、お決まりの水沢うどんで昼食しチナさんは帰った。
地元のスーパーで買ったハエ取り紙が以外にもキャンプには適していることが分かった。それに見ていると結構面白い。
ここのキャンプ場は森の中で、地面の水はけは良い物の保水能力が良すぎていつまでもジメジメして
湿気が非常に多くそれが一番つらかった。
森の中なので虫が多い、それもカブトムシ、カナブン、カミキリムシ、カメムシなどいろいろなのが飛んでくる。
今回はタープをネットで全て囲んだだめ以外と快適だった。

皇海山キャンプの森へ移動
撤収の中盤からまた雨が (V)
場所:皇海山キャンプの森
住所:群馬県沼田市利根町追貝2618 (標高約800m)
何とか設営、以外と狭い。この後夕立 (W)
今回登場した昔なつかしいハエ取り紙 (W)
ネット越し(V)
やっぱりビール(W)
たこ焼きと地物の枝豆 (W)
食事風景
たこ焼き
地酒を買った (W)
8月14日
この日は朝から晴れており、近くにある吹き割の滝と武尊牧場スキー場にに行った
朝は晴れ間が・・
吹き割の滝
吹き割の滝
武尊牧場スキー場に行った。この上の方にキャンプ場がある
スーパーに唐揚げの串焼きがあったので買った (W)
カミキリムシがかかった (V)
8月15日
最終日、晴れ間が出ていましたが、周りは高い木があり日差しが少しのため乾燥が思うように行かず、
私は結局自宅で乾かすこととなった。それも翌日は曇り雨で翌々日になった。
晴れ間があるが・・
キャンプサイトの180度パノラマ 左隣はバンガローです (V)

帰りは川場村の方へ回り、小住温泉 清音の湯で温泉+昼食をし、地酒屋さんに寄り、沼田インター近くでアルファード氏と別れ、
関越道が渋滞していたので下道で東松山インターから関越道に乗り所沢インターで降りランカスター氏と食事をして別れた。

ページトップへ

(C)Copyright 2005,yosshiy All rights reserved.