2010年 サマーツアー
 
2010年8月13日(金)〜19日(木)
 

参加メンバー:ヨッシー、乱苦流、アンチャン、ランカスター夫婦 計5名 (敬称略)

 乱苦流さんが岩手へ越したので、岩手のお宅に寄ってから翌日に最初の宿泊地の十和田湖へ向うことになりました。乱苦流さんのお宅に寄るので宿泊地のチェックインが出来る時間に合わせて行かなくても良いのと混む時期なので私は13日早朝3時頃出て東北道が混んでいたので常磐道の終点の福島の富岡インターまで行きそこから6号線で北上しそのまま一般道で乱苦流さんのお宅に着きました。高速代は平日深夜割引で2600円でした。ランカスターさんは13日(金曜日)の夜に出て前沢インターを午前0時を超えて出れば休日料金1500円で着きました。
乱苦流さんのお宅にはクレヨン氏一家が遊びにきており、その夜は大勢で楽しかったです。14日朝にはクレヨン氏が帰り、その後出発して東北道水沢インターから一戸インターに乗り十和田に向いました。


8月13日
乱苦流さんちで
8月14日
十和田では以前何度も行った宇樽部キャンプ場のコテージです。コテージにはテレビが無く以前は全く受信出来なかったのですが、事前に調べたら地デジアンテナが近くに建ち受信出来ることが分かったので、液晶テレビと地デジチューナーとアンテナ持って行き受信出来てテレビが見られるようになりました。その昔は携帯も繋がらなかったので陸の孤島でしたがそれもまた当時は良かったのでした。
宇樽部キャンプ場は天気予報が崩れる予報だったのでガラガラでした。混んでいても嫌ですがこれだけ空いていると・・
クレヨン氏が帰った
早速アンテナを設置
テレビを設置して
デッキで焼き物
焼き鳥、刺身、ホタテ・・
いか焼き、サラダ
8月15日
この日はのんびり近所を走り温泉に行きました。
空いている
空いている
空いている
空いている
近くの蔦温泉へ
コテージへ戻って
8月16日
移動日の日は全て一般道での移動で、十和田から黒石に出て7号線で青森市内に行き買い出しをしながら龍飛岬に向いました。およそ150kmの移動です。
十三湖の道の駅で昼食をし、龍飛崎シーサイドパークのコテージです。テレビは対岸の函館の放送です。
龍飛に向う途中の十三湖の道の駅で
龍飛に向う途中の十三湖の道の駅で
日本海側の道
コテージへ入って
コテージからの風景
8月17日
この日は岬の階段国道を歩いて降り、太宰治記念館に寄り、日本海側を南下しし、その後買い出しをして温泉に入り帰ってきました。夕方海岸線をみんなで散歩をしました。
午前中から近所を観光
龍飛岬灯台
灯台の先
東側
南側
灯台の先、いろいろなレーダー、アンテナが・・
三角基準点
三角基準点
三角基準点

灯台

アンテナ
駐車場
ホテル龍飛方面
売店前のマグロ
階段国道
階段国道
階段国道
津軽海峡冬景色の碑
津軽海峡冬景色の碑
階段国道を下りて
階段国道の途中にスタンプ
スタンプを押して
さらに下りる
だいぶ下がった
民家の間を
民家の間を
民家の間を
民家の間を
民家の間を
下の国道へ出た
その前の漁港
漁港にて(アジトの露天風呂に・・)
漁港から
太宰治記念館
太宰治記念館
太宰治記念館
太宰治記念館
太宰治記念館
太宰治記念館の前
太宰治記念館の前で
太宰治記念館の前
太宰治記念館の前
太宰治記念館の前
太宰治記念館の全景
太宰治記念館の前
太宰治記念館の前
近くの今別町の小さなスーパーで
近くの今別町の小さなスーパーで
近くの今別町の小さなスーパーで
近くの今別町
遠回りして道の駅平舘にある「平舘おだいばオートビレッジ」のコテージ
「平舘おだいばオートビレッジ」
有名ではない不老不死温泉
龍飛に戻って
龍飛に戻って
龍飛に戻って
龍飛に戻ってのんびり
龍飛に戻ってのんびり
龍飛に戻ってのんびり
岬の先へ散歩
岬の先へ散歩
岬の先へ散歩
岬の先へ散歩
コテージ
夕日
焼き物
サザエ
サザエ焼き
サザエ焼き
夕日の色がどんどん変わって
いか焼き
焼き物
くつろぎ中
8月18日
龍飛岬シーサイドパークをチェックアウト後、一気に南下し青森へ出て高速に乗り、乱苦流さんとは分かれ最終宿泊地の福島の高湯温泉に泊まりました。
荷物を積み込んで
出発・・
360度パノラマ
高湯温泉到着
高湯温泉到着
部屋で・・
8月19日
高湯温泉をチェックアウト後、会津裏街道の大内宿へ寄って帰えりました。
駐車場が混んでいて
奥の高台に登って
奥の高台に登って
奥の高台に登って
奥の高台に登って
蕎麦を食べた
店のばあちゃんがいろりでイワナを焼いている
そば打ちをしている
蕎麦



ページトップへ

(C)Copyright 2011,yosshiy All rights reserved.