1994年 世田谷四駆会 春季キャンプ 信州栄村
 
栃川高原キャンプ場
1994年5月3〜5日

長野県といっても場所は志賀高原から近くですが、冬季通行止めで新潟県の津南の近くから1時間以上走って入って行きます。栄村自体が縦長の村ですが、買い出しには細いくねくね道50km以上を1時間以上も走らないといけないので、買い出しはほとんど済ませていきます。
4月の初めにキャンプ場の下見として新潟県、長野県あたりを回ったのですが、そのときはキャンプ場自体、数メートルの積雪で埋まっていました。
東京からはかなり時間がかかりますが ここの周辺は自然が一杯で目の前すぐに雄大な雪をかぶった鳥甲山がそびえていてまさに大自然の中の栃川高原キャンプ場です。
このキャンプ場の奥に 切明温泉というスコップで川原を掘ると温泉が湧いているという有名な温泉があります。
帰りに寄った小赤沢温泉に入りましたが、丁度苗場スキー場の真裏に位置していて、温泉は豊富に出ていて湯船は鉄分で真っ赤ですが、お湯が出てくる所は無色透明です。酸化して赤くなるそうです。白いタオルは赤くなります。ここで食べた「わさび蕎麦」がとてもおいしく未だに記憶に残ってます。
付け足しに付いていたわさびの葉や茎のおひたしがとても旨かった!


スタックでウインチ出動!

(C)Copyright 2010,yosshiy All rights reserved.